備忘録_Python_基本

備忘録_Python_基本

Python入門

Anaconda ダウンロードページ

Downloads

算術計算

Python2系の整数どおしの除算の結果は整数になる。
例 7/5 → 1
Python3系の整数どおしの除算の結果は少数になる。
例 7/5 → 1.4

type()

データの型を調べることができる

動的型付き言語

変数の型が状況に応じて自動的に決定されるということ

コメントアウト

# hogehoge

文字列結合

>>> 'abc' + 'def'
'abcdef'

strクラスのformat()メソッド

{}の部分を引数の値に置き換えた文字列を取得する。{}内の番号は引数のインデックスを表す。

>>> '{0}, Python {1}!'.format('Hello', 3)
'Hello, Python 3!'

strクラスのencode()メソッド

bytesオブジェクトに変換。第一引数でエンコーディングの名前を指定。

>>> 'ABCあいう'.encode('utf-8')
b'ABC\xe3\x81\x82\xe3\x81\x84\xe3\x81\x86''

bytesクラスのdecode()メソッド

strオブジェクトに変換。第一引数でエンコーディングの名前を指定。

>>> b'ABC\xe3\x81\x82\xe3\x81\x84\xe3\x81\x86'.decode('utf-8')
'ABCあいう'

strクラスのstrip()メソッド

前後の空白(スペース、タブ、改行など)を削除した文字列を取得

>>> print('\n       ABC あいう    \n')

       ABC あいう   

>>> print('\n       ABC あいう    \n'.strip())
ABC あいう

スライシング

>>> a = [1,2,3,4,99]
>>> a[0:2] #インデックスの0番目から2番目(2番目は含まない)まで取得
[1, 2]
>>> a[1:] #インデックスの1番目から最後まで取得
[2, 3, 4, 99]
>>> a[:3] #最初からインデックスの3番目(3番目は含まない)まで取得
[1, 2, 3]
>>> a[:-1] #最初から最後の要素のひとつ前まで取得
[1, 2, 3, 4]
>>> a[:-2] #最初から最後の要素の2つ前まで取得
[1, 2, 3] 
>>> 'abcdef'[1:3] #文字列取得
'bc'

ディクショナリ

キーと値をペアとしてデータを格納する

>>> hoge = {'height':180} #ディクショナリ作成
>>> hoge['height'] #要素にアクセス
180
>>> hoge['weight'] =70 #新しい要素を追加
>>> print(hoge)
{'height': 180, 'weight': 70}

if文

>>> hungry = True
>>> if hungry:
...     print("I'm hungry")
...
I'm hungry
>>> hungry = False
>>> if hungry:
...     print("I'm hungry")
... else:
...     print("I'm sleepy")
...
I'm sleepy

for文

>>> for i in [1,2,3]:
...     print(i)
...
1
2
3

関数

>>> def hello(object):
...     print("Hello " + object + "!")
...
>>> hello ("cat")
Hello cat!

try文

>>> d = {'a': 1,'b': 2}
>>> try:
...     print(d['x']) #例外が発生する可能性がある処理
... except KeyError:
...     #例外が発生した場合、except節が実行される
...     print('x is not found') #キーが存在しない場合の処理
...
x is not found
>>> d = {'a': 1,'x': 2}
>>> try:
...     print(d['x']) #例外が発生する可能性がある処理
... except KeyError:
...     #例外が発生した場合、except節が実行される
...     print('x is not found') #キーが存在しない場合の処理
...
2

with文

withブロックを抜ける際に自動的に後処理を行う

#このブロックを抜ける際、f.closeが自動的に呼び出される
>>> with open('index.html') as f:
...     print(f.read())

クラス

class Man:
    def __init__(self, name):  # コンストラクタ
        self.name = name  # インスタンス変数
        print("Initialized!")

    def hello(self):  # メソッド
        print("Hello " + self.name + "!")


m = Man("David")  # インスタンス生成
m.hello()

実行結果

Initialized!
Hello David!